HOME 講座一覧 アクセス 受講生の声 WINGSチーム 英語イベント情報 法人向けサービス

観察とデッサンで世界の見方を変える講座

HOME> 観察とデッサンで世界の見方を変える講座

観察とデッサンで世界の見方を変える講座

日程
全4回 
第1回 6月19日(水) 10:30~12:30 (2時間)
第2回 6月26日(水) 10:30~12:30 (2時間)
第3回 7月3日(水)  10:30~12:30 (2時間) 
第4回 7月10日(水) 10:30~12:00 (1時間半)
         懇親会あり(参加希望者のみ)
開講決定日
6月19日(水)~7月10日(水)
受講料
18,000円(資料代、消費税込、全4回分)
早割
早割 15,000円(6月5日までにお申し込みの方には3,000円割引) 友割 13,000円(お二人以上でご参加の方は全員5,000円引割引)
場所
WINGSアカデミー:神戸JR元町駅より徒歩4分 阪急三宮駅から徒歩4分
講師
David Atwood
英語難易度
★★☆☆☆
神戸英会話「WINGSアカデミー」のカナダ人アーティストが英語でデッサンを教えます。
講座内容
デッサンをされたことはありますか?学校の美術の時間に少し、というのが大半の方ではないでしょうか?
デッサンとは「よく観察すること、知ること」。描くことを学ぶということは、ものの見方を学ぶこと。私たちは、身の回りのものを既に当たり前に見ているように感じていますが、ひとつのものをより深く見て、よく知ること、しっかり観察したものを紙に描いていくことで、世界の見え方が全く違うものになります。
忙しい日常から少し離れて、ものをしっかり観察し、日常生活ではなかなか使わない脳の部分を活性化させ、デッサンをしていきます。デッサンの本当の楽しさと表現する喜びを味わうことができます。
デッサンは絵を描く時の基本的スキルであり、「デッサンこそが、絵画の基本にして最大である」と言われるほど、芸術において重要と言われています。デッサンに加え、画材の使い方、表現技法などの基礎と、アートの歴史や鑑賞等にも触れ、美術館がもっと楽しくなります。ぜひ世界の見方が変わる体験をしてください。
この講座で学べること
・デッサン力、観察力を鍛える:ブラインド・コントゥール・ドローイング法 (描いている紙を見ずに輪郭をとる)
・静物画、物(positive)と背景(negative)、遠近法(二点透視図法)
・芸術史、絵画鑑賞と英語でディスカッション
・描画道具の基本的な使い方と分類
・右脳を存分に使って、感性を豊かにする方法
・美術館やギャラリーを今まで以上に楽しむ方法
・英語でアートを語るボキャブラリー・表現
こんな方におススメです
・ もっと絵が上手く描けるようになりたい!
・ 新しいことを学んで、日常生活に新しい視点を持ちたい!
・ ものの見方を変え、世界の見方を変えたい!
・ デッサンや絵画の基礎を学び、表現したい!
・ 好きな画家の作品や美術について英語で語りたい!
・ 英語で色んな体験をし、話題や教養を増やしたい!
その他特記事項
<持ち物>
・スケッチブック
・4Bの鉛筆
当講座の講師
David Atwood
David Atwood
プロフィール
カナダ・モントリオール出身。17歳の時に絵画の面白さに目覚め、美術で定評のあるモントリオールのコンコ―ディア大学で美術を専攻。卒業後は芸術家としての道を進み、カナダ・ヨーロッパで展覧会をひらく。中学生に美術を教える傍ら、ニューヨークのたくさんのアートギャラリーや、メトロポリタン、近代美術館、ホイット...
講師のプロフィールをもっと読む
よくある質問 コース案内 講座プロデューサー募集
メール登録メールフォーム講座ご参加の流れ